竿昭作 - SAOSHOSAKU

本名:

山野一男

 

経歴:

昭和12年、埼玉県川口市上青木に生まれる。実家は酒屋を営んでいたが、中学校卒業と同時に父の弟である鳩ヶ谷和竿師・忠洋(熊井忠吉)に弟子入りし、5年間修行を積む。昭和32年、20歳で独立した後、同じく忠洋で学んだ兄弟3人で山野釣竿製作所を設立、フナやヤマメ、アユといった川釣竿を中心に製作。平成元年まで兄弟ふたりで和竿の製作をつづけてきたが、平成7年には息子・山野正幸(昭和41年生まれ)がサラリーマンから転職して和竿修行をスタート。初代竿昭作、2代目竿昭作の親子ふたりで工房「山野釣具店」を構える。

 

エピソード:

黒ダイのヘチ竿に没頭する。黒漆系の談巻仕上げを得意とし、その和竿は"黒の五井竿"の名でファンにしたしまれてきた。(「五井」は堤防釣りで有名な千葉県五井堤防を指す。)五井堤防、夜のヘチ釣りクラブ『黒華会』に訪問販売などしていた。